オペレーショナル・エクセレンス 2018-06-11T02:28:14+00:00

Operational Excellence

Operational Excellence

生産においてオペレーショナル・エクセレンスを達成するためには、多くの方法がありますが、サプライチェーンと物流、管理、財務および経理、人事などの他のすべての分野においても同じです。全分野において優れた業務の基礎とは、効率的かつ効果的なプロセスであるとサン・テンコンサルティングは確信しています。優れた業務の基礎を確立すれば、合理的に自動化とデジタル化を実施できる箇所と必要な労働力について、結論を導き出すことができます。

弊社は、顧客企業とそのニーズに合った、最適なプロセスを定義することから始めます。弊社は新しいプロセスを作りだすために、現在のプロセスの記録を行いません。これは時間と財務面での負担が大きい割には、新しいプロセスを定義するためにはあまり役に立たないからです。その代わり、T-O-Pビジネスプロセス・モデリングを用いて、貴社のエキスパートと共に新しいプロセスを開発します。

T-O-P はTask – Order – Placeの略で、プロセス内で行わなければならない全段階(Task)を記録することから始めます。Orderにおいては、全段階を実行する最良の順番を決定します。最終的にPlaceにおいて、これらの段階を組織のどこで実施するかを決定します。その後は、以下が可能になります。

  • 全段階において RACI マトリックスを定義する

  • 部署の組織(サービスセンターなど)にとって必要な変更を特定する

  • IT組織に段階を割り当て、自動化すべき段階を特定する

  • プロセスとニーズに基づいた最適なITソリューションを見つける

  • Placeは、生産プロセスにおける最善のプロセス・フローを確立するための、工場のレイアウトにも応用できる

  • プロセスを実行するために必要な労働力を分析する

  • その他

T-O-Pビジネスプロセス・モデリングのファイルはここをご覧ください。

ご質問やご要望があれば、メールあるいは連絡フォームからご連絡ください。できるだけ早くお返事をいたします。貴社の選択肢とサン・テンコンサルティングのサポートについてお話しさせていただきます。部署の仕事をより効率的に行い、他部署との協力関係を改善し、コスト削減目標を達成できます。

生産においてオペレーショナル・エクセレンスを達成するためには、多くの方法がありますが、サプライチェーンと物流、管理、財務および経理、人事などの他のすべての分野においても同じです。全分野において優れた業務の基礎とは、効率的かつ効果的なプロセスであるとサン・テンコンサルティングは確信しています。優れた業務の基礎を確立すれば、合理的に自動化とデジタル化を実施できる箇所と必要な労働力について、結論を導き出すことができます。

弊社は、顧客企業とそのニーズに合った、最適なプロセスを定義することから始めます。弊社は新しいプロセスを作りだすために、現在のプロセスの記録を行いません。これは時間と財務面での負担が大きい割には、新しいプロセスを定義するためにはあまり役に立たないからです。その代わり、T-O-Pビジネスプロセス・モデリングを用いて、貴社のエキスパートと共に新しいプロセスを開発します。

T-O-P はTask – Order – Placeの略で、プロセス内で行わなければならない全段階(Task)を記録することから始めます。Orderにおいては、全段階を実行する最良の順番を決定します。最終的にPlaceにおいて、これらの段階を組織のどこで実施するかを決定します。その後は、以下が可能になります。

  • 全段階において RACI マトリックスを定義する

  • 部署の組織(サービスセンターなど)にとって必要な変更を特定する

  • IT組織に段階を割り当て、自動化すべき段階を特定する

  • プロセスとニーズに基づいた最適なITソリューションを見つける

  • Placeは、生産プロセスにおける最善のプロセス・フローを確立するための、工場のレイアウトにも応用できる

  • プロセスを実行するために必要な労働力を分析する

  • その他

T-O-Pビジネスプロセス・モデリングのファイルはここをご覧ください。

ご質問やご要望があれば、メールあるいは連絡フォームからご連絡ください。できるだけ早くお返事をいたします。貴社の選択肢とサン・テンコンサルティングのサポートについてお話しさせていただきます。部署の仕事をより効率的に行い、他部署との協力関係を改善し、コスト削減目標を達成できます。

Good Process and Automation
& Digitization

Good Process and Automation
& Digitization

プロセス設計が本当に必要なのか、また自動化やデジタル化によりプロセス設計は時代遅れにならないのかという質問を受けることがあります。これに対する答えは、効率的かつ効果的なプロセスは、依然として優れた業務の基礎である、というものです。ただし、全てのプロセスをITソリューションに任せてしまい、従業員がいつ何をするかをソフトウェアに指示させるようにしてしまってはなりません。(通常、ソフトウェア設計者は基本プロセスについて考慮済みです)ここで、次のような質問が生まれます。

どの企業も他の企業とは違っており、各企業の業務構造がITソリューションに完全には適合しないため、ほとんどの企業は汎用的なプロセス設計を受け入れることはできません。たとえば、社内で作業を共有できるFACT(財務、会計、統制、税務)部門を持つ企業が多くあります。しかし、そうではない企業においては、組織が分散化されているため、ある部門から別の部門にプロセスの引き継ぎをしなければなりません。このような場合に、弊社のプロセス設計(およびそれ以降のすべての段階)に関する専門知識が、貴社に高い自由度をもたらしつつベスト・プラクティスを行うことを可能にします。

次の2つの理由があります。第一に、現在のプロセスは自動化なしで時間をかけて開発されたものであるため、ITソリューションと並行してうまく作動しない可能性があります。第二に、現在のプロセスが現場において良いものではない場合、IT化してもうまくいきません。たとえば、現在のプロセスにおいて、上司の承認という段階が必要である場合、これをデジタル化すれば、上司がデジタルで承認するために電子通知を送信できます。しかし、デジタル時代においてまだこの承認が必要かどうか、ということを自問する必要があります。承認は、プロセス・フローにおいて適切なものでしょうか。最も重要なのは、この段階を他のプロセスの段階と組み合わせた場合、電子メールはデジタル化するための最良の方法でしょうか。あるいは、ポータルを用いた別のソリューションの方がより適切ではないでしょうか。

全体的な(ベスト・プラクティス)プロセスを把握できていれば、ニーズに合ったデジタルソリューションを、より適切に決定することができます

生産現場においてもこれは正しいものです。なぜなら、現在のプロセスは最新のものではなく、デジタルのソリューションに適合しないからです。以前弊社では、小規模な生産部門で、倉庫の在庫と運転資金を減らすためのプロジェクトを行っていました。そこでは、倉庫内の在庫量のみに基づいて、生産計画が立てられていることを発見しました。在庫量の少ない商品をより多く、在庫量の多い商品をより少なく生産するという方法で、6ヶ月の生産を年に2回計画していました。問題は、生産部門がセールス&マーケティング部門と連携していなかったことです。生産が段階的に廃止されて新しいバージョンに置き換えられる予定があるかどうか、また見 本市でプロモーションが計画されていて、需要が増加する予定があるかどうかなどは、生産部門には知らされていませんでした。この同じプロセスを自動化してしまえば、以前と同じ問題が発生します。ですから弊社は、2週間ごとのミーティングでセールス&マーケティング部門と一緒に、次の4週間の計画をし、次の4週間の需要予測を行う新しい生産計画プロセスを導入・実施しました。これによって、購買のリードタイムが十分確保され、かつ非常に柔軟で需要重視の生産計画を立てられるようになりました。

サン・テンコンサルティングは優れたプロセスを定義し、自動化とデジタル化を推進します。

以上の状況にある場合は、お気軽にお問い合わせいただくか、メールをお送りください。貴社の状況について議論し、サポートのための最良の方法を見つけたいと思います。

プロセス設計が本当に必要なのか、また自動化やデジタル化によりプロセス設計は時代遅れにならないのかという質問を受けることがあります。これに対する答えは、効率的かつ効果的なプロセスは、依然として優れた業務の基礎である、というものです。ただし、全てのプロセスをITソリューションに任せてしまい、従業員がいつ何をするかをソフトウェアに指示させるようにしてしまってはなりません。(通常、ソフトウェア設計者は基本プロセスについて考慮済みです)ここで、次のような質問が生まれます。

どの企業も他の企業とは違っており、各企業の業務構造がITソリューションに完全には適合しないため、ほとんどの企業は汎用的なプロセス設計を受け入れることはできません。たとえば、社内で作業を共有できるFACT(財務、会計、統制、税務)部門を持つ企業が多くあります。しかし、そうではない企業においては、組織が分散化されているため、ある部門から別の部門にプロセスの引き継ぎをしなければなりません。このような場合に、弊社のプロセス設計(およびそれ以降のすべての段階)に関する専門知識が、貴社に高い自由度をもたらしつつベスト・プラクティスを行うことを可能にします。

次の2つの理由があります。第一に、現在のプロセスは自動化なしで時間をかけて開発されたものであるため、ITソリューションと並行してうまく作動しない可能性があります。第二に、現在のプロセスが現場において良いものではない場合、IT化してもうまくいきません。たとえば、現在のプロセスにおいて、上司の承認という段階が必要である場合、これをデジタル化すれば、上司がデジタルで承認するために電子通知を送信できます。しかし、デジタル時代においてまだこの承認が必要かどうか、ということを自問する必要があります。承認は、プロセス・フローにおいて適切なものでしょうか。最も重要なのは、この段階を他のプロセスの段階と組み合わせた場合、電子メールはデジタル化するための最良の方法でしょうか。あるいは、ポータルを用いた別のソリューションの方がより適切ではないでしょうか。

全体的な(ベスト・プラクティス)プロセスを把握できていれば、ニーズに合ったデジタルソリューションを、より適切に決定することができます

生産現場においてもこれは正しいものです。なぜなら、現在のプロセスは最新のものではなく、デジタルのソリューションに適合しないからです。以前弊社では、小規模な生産部門で、倉庫の在庫と運転資金を減らすためのプロジェクトを行っていました。そこでは、倉庫内の在庫量のみに基づいて、生産計画が立てられていることを発見しました。在庫量の少ない商品をより多く、在庫量の多い商品をより少なく生産するという方法で、6ヶ月の生産を年に2回計画していました。問題は、生産部門がセールス&マーケティング部門と連携していなかったことです。生産が段階的に廃止されて新しいバージョンに置き換えられる予定があるかどうか、また見 本市でプロモーションが計画されていて、需要が増加する予定があるかどうかなどは、生産部門には知らされていませんでした。この同じプロセスを自動化してしまえば、以前と同じ問題が発生します。ですから弊社は、2週間ごとのミーティングでセールス&マーケティング部門と一緒に、次の4週間の計画をし、次の4週間の需要予測を行う新しい生産計画プロセスを導入・実施しました。これによって、購買のリードタイムが十分確保され、かつ非常に柔軟で需要重視の生産計画を立てられるようになりました。

サン・テンコンサルティングは優れたプロセスを定義し、自動化とデジタル化を推進します。

以上の状況にある場合は、お気軽にお問い合わせいただくか、メールをお送りください。貴社の状況について議論し、サポートのための最良の方法を見つけたいと思います。