About Fiberpartner (japanese translate) 2021-10-13T09:29:48+00:00

Fiberpartner ApSは、世界中の不織布、ホームテキスタイル、その他の産業用途のクライアントにポリエステルと二成分ステープルファイバーを提供する大手サプライヤーです。家族経営のFiberpartnerは、テキスタイルで160年以上の経験があります。今日、Fiberpartnerは、原材料としてのステープルファイバーに関する強力な技術的および商業的専門知識を提供し、さまざまな用途や最終用途に適した品質対価格比で繊維を研究、開発、調達、および提供する際にメーカーや顧客と提携しています。

Fiberpartner は、不織布およびファイバーフィル用のステープルファイバーに関するPrimaloft®Bio ™のグローバルライセンスパートナーであり、顧客が持続可能性の目標とサーキュラーエコノミーを達成するのを支援します。持続可能な製品を製造するために、これらの問題や企業が持続可能な製品を作る手助けをするために、Fiberpartner は、Primaloft®Bio ™テクノロジーに基づいて世界初の生分解性ポリエステル繊維を開発しました。PrimaLoft®Bio ™ 繊維は、プラスチックの大部分が最終的に自分自身を見つける環境(埋め立て地、海水、廃水プラント)で生分解するように特別に設計されています。

Primaloft®Bio ™ベースの繊維の大きな利点は、リサイクル可能であり、製品の機能や性能がポリエステル繊維と類似している点と、今までの生産技術や製品の機能を変更することなく、同じ方法で製品を使用することができる点です。さらに、石油化学原料とリサイクルポリエステル繊維を使用してPrimaloft®Bio ™繊維を製造しているため、他のバイオベースの繊維のように食品や飼料資源を枯渇させることはありません。

San-Ten Consultingは、日本における Fiberpartner社の日本代表ならびにビジネス開発パートナーです。日本国内でのお問い合わせ、開発プロジェクト、およびビジネスを担当いたします。

日本でのFiberpartner社に関する製品の機能や詳細情報をお求めの方、アプリケーションアイデアについてのご相談をご希望の方、または開発パートナーにご興味のある方は、お気軽にお問い合わせください。

こちらから概要をダウンロードいただけます。

*)ASTM D5511(埋め立て地)、ASTM D6691(海洋環境)、およびASTM D5210(廃水)に準拠したテスト。
**)ASTME1963に準拠したテスト