fbpx
LRShipdesign 2024-03-28T06:03:28+00:00

LR Shipdesign

リンディンガーの特許取得済み船体 

世界中の船主と投資家は、海運業界で大きな課題に直面しています。将来は、運用コストの大部分を占める燃料費の上昇が予想されます。環境保護の課題は、「IMO 2020」、EEDI、CIIから始まり、現在、利益率が低い中で船主に重大な投資を強いています。 

燃料節約と環境規制への遵守というリンクは、海運で成功裏に競争し、船主に持続可能な将来の展望を提供する鍵です。 

LR Shipdesignについての詳細は、以下からご覧になれます。

登録した商標 – AFT OPT®

LR Shipdesign社の技術

発明者および特許保持者  

ローランド・リンディンガーは、1997年以来、海運における環境保護と高い燃料消費の課題に取り組んできました。それ以来、彼は流体力学および物理学の他の関連する核心領域を考慮に入れて、テスト、試験、実現可能性の研究を行ってきました。 

その結果が「リンディンガー特許船体」であり、多くの設計と試験を経た後、研究所で最良の解決策であることが証明されました。リンディンガー船体は、すべての市販の船種とサイズに適用可能で、半滑走型船体および変位型船体においても、最大約10%の燃料節約を実現します。 

リンディンガー特許船体の基本的な考え方は、経済性と生態学を組み合わせ、将来世代のために環境を保護することです。 

ローランド・リンディンガー

AFT OPT®の生態学 

 将来的には、経済的に実行可能な船舶運用を確保するために、エネルギーを節約し、排出(NOx/CO2)を避けることがますます必要になります。 

船主は、船が航行し港に入るためにはスクラバーを船に取り付けるか、代わりにより高価な燃料を使用しなければならなくなります。 代替推進システムまたはエネルギーシステムの開発はコストがかかります。 硫黄およびスス粒子フィルターが必要です。 環境保護要件の増加による追加の運用コスト 燃料消費を減らすためのスロースティーミングは、サービス頻度の低下、航海回数の減少を意味します。 排出証明書の購入を避ける 汚染物質の排出に関する環境規制のさらなる厳格化 特許を受けたリンディンガー船体は、AFT OPT®(船尾最適化)を通じて最大約10%の燃料を節約し、エンジンメンテナンス、排出物保護、振動減少において追加の相乗効果をもたらします。 

その結果、すべての関連する船舶排出物が削減されます。 

特許の経済学  

船ごとの節約:運用コストの観点から計算が大きく変わります。ここでの直接運用コスト – 例えば重油(IFO380) – は、船の総OPEXの最大70%を占めます。 

計算例